読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Snow Manのオリジナル曲

何でこんなに長文記事をポンポン上げられるのか、こいつ暇人じゃねぇのかと思われているかもしれないが、私はただの通勤時間が2時間越えの田舎者である。まあ暇人なことも否定はしない。

 

《ZIG ZAG LOVE》《Acrobatic》

さて、今日はいきなり2曲ご紹介させていただくが、この2曲はSnow Man6人のオリジナル曲である。

「すのを好きになっちゃったんだけど、まず何を観ればいい?」という方はとりあえずこの2曲。この前ベストパフォーマンス〜などと紹介したが、あくまでカバーやバックで踊った曲なので、すのーまんとは??というところを知りたければこちらをオススメしたい。

ZZLは去年、アクロバティックは今年の「少年たち」でそれぞれ初披露された。

「6人の」とあえて書いたのは、みすの8人時代から歌っている「No more wait」「限界メーター」もあるからだ。限界メーターはJr.曲になるのかな?まあどちらもクリエのアンコなどで近年でもたまに歌われている。

 

《ZIG ZAG LOVE》

少年たち、少クラ、クリエ、サマステ、I screamで披露

通称ジグザグ、ジグラブ、ZZLなど。

ZZLは黒地に白のラインが入った個性あふれる衣装に白ハチマキ、というある意味衝撃的なビジュアルで歌う。

最初は「マジかよハチマキとかダッサwww」と思ったけれど、今ではハチマキは他の衣装にも使われるなどすののトレードマークになっているし、ないと淋しいとすら思うようになった(と言ったら大げさ?)。ちなみに最初キャップなどでかっこつけていたらヒロムにハチマキにしろと言われたらしい。

一人一人衣装は微妙に違うデザインになっており、例えばさっくんならノースリーブにフード付き、阿部くんはネクタイに長めのジャケットなど、それぞれのイメージに合ったものになっている。

「〜LOVE」とついているけど、特に歌詞はラブソングというわけではない。それよりも、「遠回りしても見つけよう 宝物」や「夢が溢れる世界へと連れてく」など今のすのに合った、夢に向かって前向きに進んでいくぜ系の歌詞である。

「教えてあげよう 僕の秘密の暗号」で阿部宮舘岩本がそれぞれ「S」「N」「M」(す、のー、まん)を作り、ヲタに秘密の暗号を送っている。でもそのあとに「内緒だよシーッ♪(´ε` )」で3人に可愛くシーッとされ、「キスで塞ごう」で阿部ミッフィーにやられる流れは至高である。

深澤さんのソロパート「僕の心を燃〜や〜して〜♪」はモノマネしやすいポイントなので是非。って私だけか?

あとは夏のサマステ限定で岩本のRAPが入った。「宝物〜♪」のあとに「その瞳は僕のもの〜ヒェェ」っていうのと、最後の「ZIG ZAG ZIG ZAG LOVE〜♪」のあとに「ヘイキスミージグザグラーブ、ヨーキスミージグザグラーブ」などである。私が文字にするとダサく見えるがひかるのラップ自体はかっこよかったです!!!またどこかで聞きたいんだけどな。

サビの「ZIG ZAG ZIG ZAG LOVE〜♪」のところには指でZとLを作るだけの、ヲタにも真似できる簡単な振付があるので、覚えておくと生で聴いた時一緒にできて楽しいだろう。

ZIGでピースふたつを重ねてZを作り、ZAGでピースを離し、もう一度ZIGでZを作ったら2回目のZAGで裏と表を組み替える、そして「LOVE〜♪」で右手の親指と人差し指でLを作る…と、文字にしてもわからないと思うので映像をご参照ください。

さすがSnow Man、と言いたくなるような超激しい&難しいアクロバットと振付になっており、渡辺とか渡辺とか渡辺とかは歌い終わった後ゼェゼェしている。キスマイDVDには渡辺のウッ…という苦しそうな声が一瞬入ってしまっている。

中盤でふっかをぐるんと回すアクロはたまに失敗してしまうこともしょっちゅうあるのでヒヤヒヤするが、成功した時の感動もさらに大きくなる。前回の岩本紹介記事でも少し触れたが、後半で岩本が宮舘・佐久間・深澤を腕の力で飛ばすアクロ技は、岩本がシルバニアで遊んでいる最中に思い浮かんだオリジナルで、「岩本」という技名がついている(本人命名)。「シライ」的な?

阿部くんが「この曲を名刺代わりにできたら」と言っていたけど、PON!にソロ出演したときは青木アナや永野がこのZZLポーズをしてくれたし、キスマイツアーでは4大ドームで真っ白なペンライトの中この曲を披露し、その模様はセットリストの一つとしてDVDにも収録された。まさに「僕たちがSnow Manです!」と自己紹介するに相応しい曲だと思う。

 

 《Acrobatic》

少年たち、少クラ、アイランドで披露

突然だがこの曲何と呼ぼうか迷うね…あまり略して呼ぶ人はいない気がする。良い略称ご存知の方いらしたら教えてください…

1曲目が「ZIG ZAG LOVE」というトンチキタイトルで来たので、2曲目はアクロバティックってそのまんまやないかーい⤴︎なタイトルとなっている。

衣装は赤というより紅と言いたくなるような真紅のスーツに、黒とシルバーのラインが入っている。インナーの黒シャツとネクタイはそれぞれドットやストライプなど柄が異なる。足元は黒のコンバース風スニーカーでカジュアルさを演出。

多分何度も言ってしまっているかもしれないが、Snow Manスーツ衣装似合いすぎ問題…!岩本を始めとして高身長なメンバーが多いし、渡辺佐久間など身長的には小柄なメンバーもスタイルはそれほど悪くなく、スラっとした印象になる。

こちらはZZLとは逆に「Acrobatic」というタイトルであるが、歌詞の内容はラブソングっぽくなっている。

宮ちゃんが「Snow Manと恋をしたらこんな感じなのかな」という名コメントを残したが、まさにそのイメージ通りである。だって「恋はAcrobatic」だもんね。僕らと恋をして一緒に踊ろうぜ的な内容の歌詞となっている。

曲が始まる際の構えがまず「!?」となる。6人でそれぞれ手を組んでいるのだが………文字にしようとしても出来ない………普通に繋いでいるだけではなく上下左右にクロスしながら組んでいるので、ふっかが相当辛そうな体勢になってしまっている。でもかっこいい。

イントロがリズミカルで可愛らしく、思わず口ずさみたくなる。テッテッテッテッテーテッテッテテッテッテッテッテーテン、みたいな(笑)れつごー!テンテンテンテンテンテテンテン、テンテテンテンテンテンテテンテン♪

Aメロに入る直前5人がバッとしゃがみこんで構える前に渡辺が立ち、「行きます!」と言わんばかりに手を挙げてから他5人の背中をタタタタッと走り抜けるところも「おおー!」と歓声の上がるポイントだ。

サビにはそれほど激しく難しくはない振りがついているが、多分ZZLよりは真似しづらいかも。私もうろ覚え…

ただサビ終わりの「Love last night〜♪」からのテンテンテンテンテンテテンテン、のところの振り付けを阿部くんがすの日常で文字起こししてくれており、「ワイパーワイパー、ぐるっとイケメントントントン」で真似できる。両手を外内外内と振り(ワイパーワイパー)、その両手を内→外に「ぐるっと」回して、右手をLの字にして顎に当て、左手を腰に当て(イケメン)、クイクイクイッと動かす(トントントン)。

振り付け関連は文字にしたところで「?」だと思うので、ぜひ映像にてご覧くださいませ。

 

 

前も書いたかもしれないが、Snow Manって見た目はあんな感じなのだが、意外とド直球アイドルソングを好むようである。

去年クリエ公演の1曲目はZZLで、「自分たちのオリジナル曲で始められるのは嬉しい!」と言っていたが、今年も盛り上がり重視でZZLでいくのか、去年と変えるためにアクロバティックで来るのか、あるいは先輩のカバーなどで攻めてくるのか…クリエは発表されてから当落までが一番楽しみだというが、やはりオープニング曲を予想するのもクリエの醍醐味である。ちなみに個人的には今年もZZLかなぁ…衣装と演出が変わればそんなにヲタクも文句言わない気がするよ。

まあ結論「見ろ!!」の一言に尽きます。どちらも歌詞が前向きでアイドルらしい良い曲です。よろしくお願い致します。