読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Snow Manを好きになっちゃったあなたへオススメ資料

ここまで読んで、Snow Manを好きになっちゃった!!

という方がもしかしたらいるかもしれない。いないかもしれないけど。

そうなったら、まずSnow Manについてお勉強をして詳しく彼らを知っていく必要があります。

 

すの担として大切なことは全部、阿部ちゃん先生が教えるっ!!(シュピーーーン)

と、阿部ちゃん先生が申しておりますが、多忙な阿部ちゃん先生に代わりまして私がご教示いたします。

やはり顔も声もキャラもパフォーマンスも覚えるには映像を見るのが一番!なので、参考資料としてオススメDVDをいくつかご紹介します。

 

1. 「滝沢歌舞伎」シリーズ

もうこれなしにSnow Man語れなくない??というくらい基礎中の基礎のDVDです。

シリーズと書きましたが、たくさん出ています(語彙力)

どれがオススメ?と聞かれても、私も14〜16年しか観ていないし、あとはぶっちゃけ好みだと思うので、最新のものからで良いのではないでしょうか。

歌舞伎のDVDを見ることですののダンスの上手さ、演技の上手さ、サポートの上手さに感動しますし、何より滝沢秀明様とSnow Man(主に深澤辰哉)の深い関係性がよく分かります。

今の「Snow Man」という名前をつけてくれた滝様は、兄のようにパパのように特に優しく時には厳しくすのを気にかけてくれ、見せ場を与えて、アドバイスをくれています。それがよく分かるのがこの歌舞伎。

とりあえず最新の年のものを、と先ほど言いましたが、滝すのを堪能したいなら2014年をオススメします。

というのも2015は北山と薮、2016は三宅の健ちゃんさんと豪華ゲストがおりますが、そうするとどうしてもゲストにフォーカスを当てられがち。

でも2014はゲストもハセジュンと京本(父)で、あとはすのぜいまどめいどなどの「いつメン」ばかりなので、すのが結構たくさん目立たせてもらってます。まあ毎年目立たせてくれてるけど(笑)

パフォーマンス重視!踊ってるところを観たい!って方は2015かな。2幕の「滝沢組曲」や「Shadow Dance」は見所だし、下手くそなローラースケートなども可愛いですよ〜

暗いのは嫌!笑いたい!という方は2016ですね。2幕は喜劇の鼠小僧で、ふっかちゃんの娘役(おまるちゃん)やさっくんのバカ殿(金之助)などオイシイかつ笑える役所をもらってます。

歌舞伎だけで記事一つ書けそうなのでこのくらいにしときます。

 

2. 「TACKEY SUMMER CONCERT 2012」

歌舞伎も良い作品ですが、言うてもしっとりした舞台ですので、思いっきり盛り上がりたい、キャーキャー言いたいという方はやはりライブDVDをどうぞ!

2012年の作品なのでけっこう古くはなってきましたが、最上級にやんちゃな、それこそ私がチャラ男のイメージを抱いていた頃のカスノーマンが見られます!!(褒めてる)

 安定にすの激推しの滝様、このDVDの魅力として、すの全員が見せ場をもらっています。

まず序盤「Detroit」のバックダンサーに宮舘渡辺、「12月の花」のピアノ岩本とダンサー阿部、ソロダンスからの「FIGHT ALL NIGHT」を歌う佐久間、滝沢総長コーナーで女装してる(安定)深澤…MCも呼ばれてるし…「No control」も歌わせていただいてます…ありがてぇ…合掌

今と違い、いわあべシンメ(センター)、ふかさくシンメになってるので探すときはご注意を!阿部担はいつもの癖で端っこを見て「あれ、いない!?」ってなったからね!センターにいるよ!

初回と通常がありますが、すの目当てなら通常のドキュメンタリー付きにしましょう。初回は滝様担向けという感じです。

あとは、オープニングの黒ナポレオンは今少クラでよく着てる黒金ナポレオンにリメイクされてるし、ノーコンの時に着ている赤ナポレオンも金縁とチェック柄が足されたサマステのメドレーの時の衣装だよ!そう思うと衣装の飾りが増えて偉くなったもんだ…

阿部担としての見所は、前半は髪型バッチリ決めてるのに、後半戦に行くにつれ髪がモコモコしていくところだよ!天パ可愛いよ!

 

3. 映画「HOT SNOW」

これは厳密に言えばSnow Manではなく、その前身グループMis Snow Manの作品です。通称「みすの」の作品「ほっすの」

現すのメンバー6人に、noon boyzの…というか現Love-tuneのさなじぃこと真田佑馬くんと、現(?)SHOCK班(?)の野澤祐樹くんがいた頃のものです。そしてこの時の推しは「のんさな」、つまりこの今はすのにいない2人だったわけです。

ジャニーズJr.のMis Snow Man主演映画!と書いてありますが、パッケージにはのんさなの顔がドォォーン!他6人小さく写ってます。

そんな感じだったし、Jr.によるJr.のための映画なんてつまらないに決まってる、でもとりあえず阿部くん出てるし観てみようか…ということでAmazonで購入し、同じくらいのタイミングで深澤担になった友達と鑑賞会をして初めて観ました。が!

「え、意外と良くない…?」「好きなストーリーだわ…」「Jr.映画のくせに…」「悔しいけど感動した…」

もともとの期待値が低すぎたところもあるけど、最後の最後でいろんな伏線が回収された時のスッキリ感といったら!!もう!!

ざっくり説明すると、高校でダンスに勤しむさなぴー、なべしょ、さっくん、阿部くん(※役名はちゃんとあります)

お母さんを亡くしたばかりのさなぴーはすっかり塞ぎ込み、お母さんの最期も見捨てたお父さんとも上手くいっていませんでした。

そんな4人が屋上でダベっていたら、急に雷が落ちてきて、4人は気を失います。

目を覚ますと、そこは相変わらず高校の屋上…のはずなのに見知らぬ学ラン姿の男子生徒4人(のんちゃん、ひーくん、ふっか、宮ちゃん)がいて、ここの高校の生徒だと主張します。

話が食い違うブレザー4人と学ラン4人。携帯電話を知らなかったことから、さなぴーたち4人が「現代」から携帯も存在しない「過去」にタイムスリップしてきたことに気付きます。

そして、さなぴーはのんちゃんとその幼なじみ(彼女)の話を聞きながら、この2人が自分の父と母になる2人だと気付いてしまいます。

彼女の留学を機に別れ話も出ている2人、でも2人が別れてしまうとさなぴーは生まれなくなってしまう!さあどうする!?!?

というのを、ダンスを通して諸々解決していくストーリーです。意外と面白そうじゃないですか??

後半ワンカットの8人のダンスシーンは「さすが!」としか言えないくらいカッコいいです。まだまだ今に比べると初々しいけどね。

初回を買えばメイキングもついていて、たこ焼き作ったり、11月生まれのあべさなのお誕生日祝いがあったり、30秒クエスチョンなどもあり、チャラ男になる前のDKすのーまんを堪能できるんです!!名盤ですね!!(大声)

2011年頃の作品なので「今よりかっこよくなーい」と思うかもしれませんが、そんなかっこよくない彼らも可愛く愛おしく見えてきたら本番です。沼はもうすぐそこ…

 

4. ドラマ&映画「BAD BOYS J」

阿部担の私がオススメするのもアレですが、最高にかっこいい岩本・深澤・渡辺を堪能したければコレ!!!

これですの担になった人は当時多かったんじゃないかな?と。私も当時は主演の中島けんてぃー目当てで観ていましたが、その脇を固めるいわふかなべもなかなかの存在感がありました。

役柄としては、ヤンキーチーム(なんて言うんだろうね)「極楽蝶」のトップを倒してしまったことから新トップに就任したけんてぃーこと司ちぁをサポートする幹部3人衆です。

コワモテで強いけど優しくて仲間思いな陽ちゃん(岩本)、実はライバルチーム「ナイツ」のミカと付き合ってるエイジくん(深澤)、「ナイツ」のトップのヒロさん(ハッシー)と仲良しってそのまんまやないか!な設定のひさちゃん(渡辺)

それぞれ1回ずつは極楽蝶辞める辞めないの話をしていますが、なんだかんだ司ちぁと仲間のことを大事にしている、いいヤツら…という感じの設定。

劇場版に至っては「あれ?主演岩本照かな?」ってくらいひーくん目立ってます。キーパーソンというか。

そしてお好み焼き屋バイトの乃木坂の生駒ちゃんと良い感じになる役なんだけど!!身長差!!ハッ!!かっこいい!!陽ちゃん!!好き!!になること間違いなし。

ふっかは彼女役の乃木坂のさゆりんごとのバカップルぶりが可愛くてねぇ…「ふかりんご」はこの年の流行語でしたよね???

なべさんの役はお父さんが入院して一度極楽蝶を辞めようとする、実は心優しくて真面目な役で…ってそんなことよりダントツでビジュアルが良くてかっこいい。極楽蝶の中で唯一相手役がいないので女の子との絡みはイヤ(>_<)って方はひさちゃんを推してください。

この作品の注意点としては、現Love-tuneの安井・萩谷・森田・諸星、トラジャの七五三掛、キスマイの二階堂、えびのハッシーなど死ぬほどたくさんイケメンが出てきますので、「あれ?すの目当てのはずなのに?」って他の子に目移りする可能性があることですかね…

でも断トツにいわふかなべの出番が多いので!!浮気しないで観てください!!

ちなみにあべだてさくは1秒も出てきません!!彼らは劇場版「仮面ティーチャー」に出ていますが、出番は少ないし、セリフの9割が「指導、指導、指導」なので美味しくはない…

この土曜深夜の枠は他の作品にも何人か出てるので是非観てみてください。オススメは「Piece」と「お兄ちゃん、ガチャ」です。

 

 

たくさん書きすぎた…全部DVD集めると大変なことになりそうですのでお財布とよく相談してどの参考資料を買うか決めてくださいね。

まだ観られていないけど、今週発売のキスマイツアーDVD「I Scream」も相当映っているそうなのでこれも良い資料になるのではないかと思います。

6人のオリジナル曲「ZIG ZAG LOVE」を東京ドームで歌う貴重な姿も収録されていますので是非!

舞台やコンサートなどたくさん出ているのに、映像化されていないものも多いので残念ですけどね。

私たちはいつか単独コンサートを開催して、そのDVDが出てくれることを期待して、ひたすら応援するのみです。私たちも、頑張りましょう。